会社設立なら大阪のSR経営サポート

会社設立トップお問い合せ資料請求お客様のこえ会社概要

 
はじめての会社設立
自分で設立する方へ
株式会社の設立
合同会社の設立
外国会社日本支店の設立
外国会社日本子会社の設立
農事組合法人
その他の種類
建設業の会社設立
宅地業の会社設立
介護事業所
農業の法人化
その他の業種
 
 
建設業許可
宅建業免許
特定労働者派遣事業
古物商
その他の許可・免許
 
 
助成金一覧
中小企業基盤人材確保助成金
受給資格者創業支援助成金
特定求職者雇用開発助成金
 
 
役員変更
商号変更
その他の定款変更
 

【東京オフィス】
東京都新宿区西新宿8-5-4-801
TEL 03-3364-7227
FAX 03-5348-3712

【大阪オフィス】
大阪市中央区谷町1-6-8 4F
TEL 06-6941-6216
FAX 06-6941-6217
大阪オフィスの詳細はコチラ


【名古屋オフィス】
名古屋市西区名駅2-11-8-501
TEL 052-541-0240
FAX 052-541-0239
労災保険加入
 
労災保険とは
労災保険はたとえ会社にアルバイト・パート(週1日勤務又は短期間でも)が一人でもいれば加入しなければなりません。そして、従業員が業務上及び通勤途中に負傷、疾病、障害又は死亡した場合に保険が適用になります。つまり、治療等のための費用を全額負担してくれるわけです。
医療機関で治療を受けるときの「療養補償給付」、仕事に就けず賃金の支払いがなかったときの「休業補償給付」、障害が残ったときの「障害補償給付死亡した場合の「遺族補償給付」などがあります。もし、事業主が労災保険の加入手続きを怠っていた期間中に労災事故が発生した場合、遡って保険料を徴収するほかに、ペナルティーとして労災保険から給付を受けた金額の100%又は40%が事業主から徴収されます。
 
 
労災給付について
下記のように大きく3つに区分されます

1.労働者の業務上の負傷、疾病、障害又は死亡に関する保険給付(業務災害)
2.労働者の通勤による負傷、疾病、障害又は死亡に関する保険給付(通勤災害)
3.二次健康診断等給付

 
 
労災保険給付の種類

療養(補償)給付
休業(補償)給付
・障害(補償)給付
・遺族(補償)給付
・葬祭(料)給付
・傷病(補償)年金
・介護(補償)給付
            など

※通勤による災害は、直接には使用者側に補償責任はないため、業務災害の
  各給付名から補償という文字をはずした名称を用います。

 
 

 
 
<計算例>

不動産業を行う会社で毎月の基本給20万円(手当なし)の正社員1名及び
8万円のパート1名(合計2名)を雇っている場合

(1) 200,000円×12ヶ月×3/1,000 = 7,200円
(2)  80,000円×12ヶ月×3/1,000 =  2,880円
(3) (1)+(2) = 10,080円 ← 1年間の労災保険料の総額

 
 
労災保険加入について

★ 当社での手続き代行費用 15,000円から

会社を設立し、従業員を雇い入れた場合、事務所を管轄する労働基準監督署(労働局でも可)に、会社の商業登記簿謄本等を持って行き、「労働保険 保険関係成立届」及び「労働保険 概算保険料申告書」を記入、捺印、提出する必要があります。

労働保険概算保険料申告書は加入日から年度末(3月31日)までの保険料をあくまで概算額で申告し、その申告した保険料を労働基準監督署あるいは銀行等の金融機関で納付する必要があります。納付額はあくまで予定額にすぎないので、翌年度の労働保険の年度更新の手続きの際(6月1日〜7月10日)に、前年度に多く払いすぎていたのであれば、今年度の保険料に充当し、不足金額があれば、その分も追加納付する必要があります。

<提出書類の例>

労働保険保険関係成立届
労働保険概算確定保険料申告書
継続事業一括認可申請書(複数の事業(支店、営業所等)の労働保険関係の処理を一括したいとき)

商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書又は現在事項全部証明書)・・・法人の場合
賃貸契約書(登記上の本店と営業所が異なる場合、個人経営の場合など)

※管轄の労働基準監督署によっては多少添付書類が異なる場合があります。

 
 
 
手続料金及び準備頂くものはコチラ
 
労災保険雇用保険健康保険厚生年金療養補償給付休業補償給付
障害補償給付|遺族補償給付
 
 
 
 
HOMEに戻る
W3C CSS 検証サービス
Copyright 2007 (c) SR keiei support All right reserved.
会社設立のSR経営サポートホームページへ
記事、写真、画像を無断転載・転用・引用を禁じます。